akibako
ホーム
キーワード一覧パーソナリティ一覧つながり一覧ニュースヘルプ
キーワード最新5: Kati Outinenのあたら… | カウリスマキかもめ食… | 「AKI'S ACTORS」フィ… | 宮藤官九郎 | アキ・カウリスマキ(… | ...more

キョーコの空間
マッティ・ペロンパー 人物 人物



Matti Pellonpa"a"
1951年3月28日ヘルシンキ生まれ、1995年7月13日没

言わずと知れたアキ映画の看板俳優。11才でラジオ・シアターの俳優としてスタート。大学卒業後、フィンランド・シアター・アカデミーに学ぶ。TV映画の出演多数。80年代初めより、ミカそしてアキの作品に次々出演。 90年、「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ」が、日本での初の劇場公開作品となる。 ジム・ジャームッシュ監督の「ナイト・オン・ザ・プラネット」ヘルシンキ編のタクシードライバー役も印象深い。とぼけた中年ロッカー、レイノを演じた「愛しのタチアナ」が遺作になってしまったが、マッティ自身バンドを率いてCDも出している。多才な人なのだ。仏頂面ににじみ出る可笑しさは、演技力なのか地なのか...カティの横でウヒョヒョと照れ笑いをするマッティをもう一度見たかったです。


【まってぃ・ぺろんぱー】


amazonで検索
楽天で検索
Googleで検索

2003/3/11更新
2003/3/3 登録
7195クリック/ 5回更新
感想
03/3/3 MIKI  没後、タンペレ近郊では、まことしやかな彼の出没噂が色々ささやかれたそうです。エルビスのようだな。
MIKI  ヘルシンキの情報紙ではお気に入りのレストランにKOSMOSを挙げていました。理由はその建物の上に住んでいたから。4階にはホテルのあるこの建物、1階のレストラン・コスモスは「浮き雲」に登場しそうなクラシックなレストランですが、アーティストの溜まり場としても有名だそうです。AMOS ANDERSON美術館で個展を開いたJarmo Ma"kila"のDaydreamerという作品にも登場。
03/3/5 えつろ  彼が常連だったというヘルシンキのレストランバー Elite。マッティがいつも座っていたという入口近くの席には、金色の追悼プレートが取り付けられています。
03/3/6 MIKI  ランチに日替わりスープもあるレストランなのに、何も食べないで専ら酒を飲んでいたらしい。映画と同じだあ。
03/3/11 キョーコ  アキもカティも最近のインタビューで、改めてマッティのこと素晴らしい俳優だったし良い友人だったって言ってますねぇ。
07/10/11 MIKI  mika kaurismaki のklaani(1984)では不審な笑みを浮かべたチンピラ役で妙な素早い動きも多く、まだ静止したマッティキャラが確率する前のようでとてもマッティに見えないマッティが登場する、ある意味レアな演技が見える作品になっています。
最新キーワード

キーワードリンク6リンク
作家???つながり作家になる!つながり
字幕 作家になる (えつろ) 「愛しのタチアナ」のストーリーの中でもクライマックスと言えるシーン、マッティ・ペロンパー扮するレイノが、フィンランドへ帰らずエストニアに残る際に一言言い残す。 「作家になる」 観るものが予想だにし…
リスペクトつながり
その他 泉さんの冒険 (macoto!) 映像ディレクター/プロデューサーのmacoto!がカウリスマキ&マッティ・リスペクトで脚本・監督したドラマ。2000年にSkyperfecTV・Viewsicチャンネルにて放送。70分。以下のWebにてこっそり視聴可能。(For Clientコ…
永遠の恋人?つながり
人物 カティ・オウティネン (Michiko) アキ映画の顔ともいえる女優。「無表情」の代名詞にもなっているが実は、舞台では大竹しのぶをも上回る、熱演振り。しかも、ティーンを演じて、ひと時も舞台の上でとまることがなく、叫びつづけていたこともあるくら…
主演つながり
ストーリー ARVOTTOMAT (MIKI) ミカ・カウリスマキの1982年監督作品。1983 年ユッシ賞受賞。 アキ・カウリスマキも脚本と出演で参加。 主演マッティ・ペロンパー。 愛とサスペンス・ロードムービーといったところか、事件に巻き込まれ、車で逃…
出演つながり
ストーリー Valehtelija (MIKI) MIka Kaurismakiの1981年の初監督映画。 脚本でAki Kaurismakiも参加。 主演はAki Kaurismaki ベルリンで映画の勉強をしたミカがフィンランドでゴダールのようなモノクロのスタイリッシュな映画を作った。 タン…
出演つながり
ストーリー jackpot2 (MIKI) Mika Kaurisma"ki監督の1982年の映画。 のちの「カラマリユニオン」にも登場するEppu Normaaliのメンバーやマッティ ペロンパーが登場。 マッティ ペロンパーは「ラヴィド ボエーム」の絵描きに似た雰囲気で登…
メンバーログイン
新規メンバー登録
人物人物 ストーリーストーリー
字幕字幕 音楽音楽
飲食飲食 ファッションファッション
小道具小道具 車
ロケ地ロケ地 その他その他

akibako について | 利用規約 Powered by 関心空間